初家族旅行
  厳密には初ではないけれど、実家以外の泊まりがけは結婚以来初なのです。
 きっかけは、旦那が長狭街道駅伝に参加すること。これまでも仕事がらみで山梨だ、長野だ、スキーだと家を空けられ、その度にいいなーと思っていた。仕事なのでついていくわけにいかないが、今度は完全プライベート。走っている間、うちらは観光しているよ、ということで、南房方面の旅行が決まった。
 しかし、人数が集まらず出場は見送ることに。しかも、泊まろうと思っていたシーワールドホテルは前週まであった空きがなくなっていた。「これじゃ、行けないね」とあっさり言われたのが悔しくて、愚痴をぶちまけた。だって、こっちはどこにも行けず、お酒も飲めないのに、「○○なんか行きたくない」とか「接待飲み会なんて行きたくない」とか聞かされてるんだよ。そんなに行きたくないなら代わるわ!代わりに育休取ってちょうだい。
 その剣幕に負けたのか、何の目的もない(?)ただの家族旅行に行くことになりました。

 今回の旅は、別名思い出巡りと割引フル活用の旅。旦那が初めて勤めたのが南房総地区、初めてのドライブがシーワールドだったのです。
 11時くらいに家を出発し、ちょいちょい休憩をはさみながら2時過ぎにマザー牧場へ。
 入場料が1500円かかるのだけど、共済組合の割引で900円に。やったね。
 お昼ご飯を食べた後、牧羊犬と牧場の仲間たちのショーを見る。羊が出たとたん、ピー大泣き。その後、近くで羊やアルパカを見たけど、大丈夫だった。
 生まれて2週間の赤ちゃん羊と写真が撮れるというので、撮影会の列に並ぶ。最後のほうだったが、羊ちゃんちょっとお疲れ気味でした。母を求めて鳴く羊ちゃん。そして、またしてもなぜか泣くピー。
 お土産やさんをちら見して、小動物がいるふれあい広場を通り、走る回っているウサギを見て「♪黒いうーさぎ」と歌う黒い夫婦。

 なんだかんだで出たのは4時半。本来なら宿に着く時間。5時半から貸切風呂の予約をしているのに、そこから1時間かかる。危なくない程度に大急ぎで宿に向かう。
 本日のお宿は、白浜の季粋の宿紋屋。赤ちゃん歓迎の宿泊先を探していた時に見つけた。赤ちゃんプランがあって、とてもいいお宿でした。チーパス(千葉の子育て支援カード)を使うと、割引になるのもうれしい。
 予定より1時間遅れて到着。貸切風呂の時間になっていたので、説明は最小限にしてもらってお風呂へ。普段はジャズが流れているらしいが、子供向けに童謡を流してくれた。
 お風呂から上がったらすぐに夕食の時間。このプランでは、お部屋でゆっくり(?食べさせるほうは決してゆっくりではないのだが)食べることができる。
 準備をしている間、3人の写真を撮ってもらう。季節のイラストと女将さんが書いた書と一緒にラミネート加工してすぐに持ってきてくれた。これもプラン内に入っているのだとか。うれしい。
 大人用は、海の幸と南房総の特産品など様々。子ども用は、4種類ある離乳食メニューから朝夕選べる。夜は白身魚の煮物、朝は魚のすり身だんご汁にした。離乳食の用意はあってもベビーフード、というところもあるけど、ここは手作り。おかゆもお願いすれば好みのかたさで作ってくれる。
 時間をかけ、ゆっくりとご飯を食べた。もうお風呂は入ったし、ピーは絶好調。ぐっすり眠らせるために、キッズコーナーへ。もとはバーラウンジだったと思われる部屋にマットを敷きつめて、楽しく装飾してある。おもちゃだけでなく、授乳、おむつ交換ができるスペースやモビールのつるしてあるベッドもある。他のお宿のキッズスペースは見たことがないけど、手作り感があふれていてゆったりできた。

 翌日は、ピーが起きる前に温泉に入り、起きたらご飯の時間までまたキッズスペースで遊ぶ。しかも旦那は、私が温泉に行っている間仕事をしていた。朝からなんて充実しているのだ。
 朝食は広間で。何家族かいたが、みんな赤ちゃん(1歳未満な感じ)連れ。スタッフさんはみんなにこにこと声をかけてくれるし、子どもの名前を呼んでくれる。隣に座っていた男の子もピーと同じ名前でびっくり。これだけチビちゃんたちがいたのに、全然騒々しくなかったのもすごい。

 身支度をして、鴨川シーワールドへ。天気はいまいち。そのせいか、ピーもご機嫌斜め。「いないないばあっ」のCDをかけ、半ばやけくそ気味に「ドドドーナッツ♪」と歌い、雨のフラワーロードを鴨川に向けて走る。
 シーワールドに行くことを旦那両親に話していたら、入場券の抽選に応募して見事当選したそうで、タダで入ることができた。ありがたい。
 雨とはいえ、なかなかの人出。時間が迫っていたベルーガのショーを見るため展示は素通り。ベルーガ、かわいいよね、と思って見ていたが、当の見せてあげたいピーは後ろのお客さんに愛想を振りまくことに夢中。ほとんど見ていませんでした。
 イルカのショーは、雨が吹き込むため5分で挫折。他の展示を見て回る。ピーは目の前をスーッと泳いで行くトドやセイウチに興味津々。じーっと見てはぴょこぴょこ跳ねてた。
 我々も時間をかけてじっくり見て、ショーはそこそこだったけど充実していました。ただ、クラゲをもう少し見たかったなあ。人がいっぱいで見られなかった。

 出るころには雨も上がり、お昼ご飯を食べて帰ろうということに。決めていたわけではないけれど、これも以前食べておいしかった磯料理のお店に行く。ここもなぜか赤ちゃん率高かった。
 勝浦まで足をのばしてビッグひな祭りを見たかったけれど、2時を回っていたので帰路に。
 あちこち回ったわけでないけれど、子ども連れだと気忙しい。そういうもんなんだろうなと思いつつ、次はどこへ行こうかと期待をするのであった。
2015.02.23 Monday/16:59*diary2015*comments(0)trackbacks(0)*-*by mami

お誕生日ディズニー
 誕生日前日の旦那の代休に合わせ行ってきた。11月に行ったばかりだけど。
 今回のテーマは、午前中勝負。ピーが座れるようになったので、前回は乗れなかったアトラクションにも挑戦。
 アナ雪のイベント中なので、エルサのワンピースを着せてみた。

 9時半ごろ到着。ベビーカーを借りている間に、ハニーハントに走ってもらいファストパス取得。合流し、イッツアスモールワールドで肩慣らし。初めは不安げな表情だったけど、歌う人形たちをきょろきょろと興味深そうに見ている。つかみは成功。
 そのまま、空飛ぶダンボへ。一緒だった旦那いわく、乗った時に泣き出したが、動き始めたら泣き止んだらしい。普段からぶんぶん振り回しているからか。
 ちょうど午前中のパレードが始まる時間だったので、そのままダンボの横でパレード待ち。この日のメインイベント、アナとエルサのグリーティングパレード。うきうきしながらビデオカメラを用意・・・したのに、スタンバイから録画にならない。なぜ?
 そうこうしているうちにアナ、エルサ、オラフの乗ったフロートが! ギャー! 仕方ないので、音が聞こえないデジカメの動画モードで撮影をする。
 ピーターパン、白雪姫、ピノキオのどれかを体験し、ハニーハント対策をしておきたい。ピーターパンは若干待ち時間が長いから、白雪姫かピノキオにしよう。白雪姫は乗ったことあるけど、ピノキオは乗ったっけ?記憶がないのでピノキオにする。…大失敗でした。ずっと薄暗く、あっちこっちと回るのについていけなかったようで、途中から大泣き。ハニーハントも似たような感じなんだけどなあ。
 外に出たら落ち着き、安心したのかねんね。その間に、グランマ・サラのキッチンでお昼ごはん。フローズンファンタジーのスペシャルメニューを食べる。途中で起きたので、ご飯や野菜、別に買ったパンを食べさせる。

 次の目標はスーパードゥーパー・ジャンピンタイム。まだ少し時間があるので、すぐ出航するマークトウェイン号に乗り、時間をフル活用。
 始まる直前、プラザパビリオン・バンドスタンドに到着。一人でいられる子は、前のほうのエリアで一緒に踊ったり触れ合ったりすることができる。もうちょっと大きくなってからだな。
 ショーにはミッキー、ミニーなどが出てきて、歌ったり踊ったり、パペットショー(着ぐるみがパペットってシュールすぎる)や福笑いもあって内容盛りだくさん。ピーはお父ちゃんの肩車の上でぴょんぴょん飛び跳ねていました。
 待ち時間は40分程度あるけど、前回テンションが上がっていたウェスタンリバー鉄道に乗る。並んでいる間、ハピネスイズヒアのパレードがちょっと見えた。
 流れる車窓(窓はない)からの景色に興味津々。が、恐竜の世界に入ったらギブアップ。前回は耐えていたけど、すぐに大泣きでした。

 ここで、夕方から部活指導がある旦那とはお別れ。トゥーンタウンに寄って街並みを見たり買い物をしたりしている間にねんね。4時には出たいが、ハニーハントは3時半から。システム調整が入ったらしく、ファストパスでも結構な列ができている。乗るまで20分くらいはかかるらしい。それまでには起きるかな。
 ファストパスの時間になったので起きるのを待たずに列に並ぶ。意外とすいすい進むがまだ起きない。キャストに「寝ていると乗れません」と何度も声をかけられるが、並びなおす時間もないので、起きるのを待つ。
 建物の中に入っても起きないので、たたき起こす。当然不機嫌。絵本の世界を見ているうちに少し回復してきたが、ポットに乗った途端ギャン泣き。セーフティバーが私に合わせていてゆるいから、体をひねるとするんと抜けるし、立とうとすれば立てる。こうなると、安全装置が作動して途中で止まることもあるらしい。
 一旦降りて、キャストの案内で裏口へ。クールダウンして、もう一度チャレンジできたらすぐに乗れるようにと、交代利用カードを書いてもらう。「これくらいの子でも乗ってますか?」と聞くと、1歳未満でも乗れる子はいるけど、椅子に座った時にベルトがあっても立ってしまうようだと難しいとの答え。まさにこれじゃないですか。パピィを帰らせてまで並んだが、今回はあきらめよう。
 時間は4時を回っていたが、もう一つだけやりたいことがある。パーク内からはがきを送ること。今までずっとやりたいと思ってたけど、できなかったのね。しかも、今はオラフスタンプが押される。アナ雪のはがきに「お誕生日おめでとう」のメッセージを書いて投函。

 結局バタバタとパークを後にした。今回はまだ歩けなかったけど、もう1年育休取ってる間、空いているときを狙って行きたいなーと目論んでいる。今度こそはハニーハント乗るぞ。
2015.02.18 Wednesday/22:39*diary2015*comments(0)trackbacks(0)*-*by mami

出産祝いに何送る?
 ↑「贈る」じゃね?
 郵送かもしれないので、原文ママで。

 つい先日、弟家に第2子が生まれたので、プレゼントしたばかり。
 贈り物というとどうしても赤ちゃんグッズが多くなりがち。でも、上の子もいるし、他からもいっぱいもらうだろうから、お母さんにバスローブを贈りました。
 沐浴のうちはいいけど、一緒に入るようになると子どもに着せなきゃないから、自分が着ている時間がない。
 いつも半裸もしくは全裸でリビングへ直行している私。プール着替え用のバスタオルを使えばいいと思っているのに出していない。
 話を聞くと、苦労している人がたくさんいた。濡れた体にさっと羽織れるものは、持っているかもしれないけど何枚かあってもいいだろうと思ってプレゼントしました。

 そして、お姉ちゃんには「ちょっとだけ」という絵本。
 お姉ちゃんになった子が自分で「ちょっとだけ」できるようになったんだけど、やっぱりまだ甘えたい。姪も2才だけど2才なりに頑張っているらしい。でも、甘えたい時だってあるんだろうな。そんな時に読み聞かせして甘えられたらいいなと思って。
 お父さん(弟)にはバレンタイン時期だったので、天野喜孝イラストのチョコw 父こそ何を贈ったらいいかわからん。

出産祝いに何送る?
 
2015.02.18 Wednesday/22:17*trackback*comments(0)trackbacks(0)*-*by mami

365日
 ピーは無事1歳の誕生日を迎えました。
 誕生日が何で365日目なんだ?と思ったら、生まれた日が0だったね。

 出産直後にちょびちょび手帳に書いていた日記を読み返して、しみじみしてしまった。
 あの、小さくて一生懸命息をしていたピーは、想像もつかないほど元気にたくましく育っています。生まれたときから食欲は旺盛で、今ではご飯が足りないといって食後にのたうちまわっています。

 13日はご機嫌のいい朝のうちに飾りつけ。
 パンパースの「MOM'S 1ST BIRTHDAY」動画を教えてもらった時に感動して泣いてしまったので、それを参考にする。廊下に生まれたときから今までの写真を飾り、リビングに入ってドアを開けると、ドアの窓からモザイクアートソフトで作ったピーの写真が見える。良く見ようとドアを閉めると、「ピー、パパ、ママ、1さいおめでとう」と書いた紙が隣にあって、3段サプライズ。
 リビングの壁にはマステで「HAPPY BIRTHDAY」を書き、その下で記念撮影。翌日は1歳のお姉ちゃんにそのテープをはがすお手伝いもしてもらいました。

 料理は人参、ホウレンソウを混ぜてお花の型抜きをした軟飯と、我々用のポトフから取り分けた味なしポトフ、豆腐ハンバーグ。ケーキは、食パンを丸く抜いていちごとヨーグルトで飾りつけした赤ちゃんケーキ。
 カワイイ見た目にテンションが上がったらしく、ご飯を手づかみしようとする。しかし、いつもとは勝手が違い掴むに掴めずかんしゃくを起こし手についたご飯をぶちまける。母がっかり。掴める形状にして手づかみとスプーンで何とか食べきったが足りなかったらしい。パパが帰ってきたら一緒にお祝い、と取っておいたケーキを仕方なく食べさせるが、それでも足りず大泣き。その後はグズグズのままお風呂に入って就寝。

 翌日は旦那実家で誕生日パーティー。旦那父が14日生まれなので、一緒にお祝い。
 メインイベントは、一升餅担ぎ。この模様はスカイプで私の実家に衛星中継。
 一升餅はピーが生まれたときの体重(1850g)と同じくらい。今が8埃紂(←2か月ほど7.5からここらを行ったり来たり)泣いただの嫌がっただのつぶれただのという話しか聞いたことがなかったので、どうなることかちょっと不安。
 リュックに餅を入れ、背負わせる。すると、ちょっと邪魔そうにしたものの、普通にはいはいし始める。なんてたくましい!
 この日のメニューは、俵型軟飯に前日のポトフと一緒にゆでた人参、かぶ、薄焼き卵、ほぐしホタテを乗せた赤ちゃん寿司と野菜スープ。昨日の反省を踏まえ、ご飯はラップできゅっと握ったので、手づかみで食べることができて大満足。
 ケーキは、レンジ用焼きドーナツの型で作ったミニ蒸しケーキ。ヨーグルトといちご、チョコペンでトッピング。クッキングシートに名前や♥、★などの模様をチョコペンで書いてケーキの上や皿に乗せた。チョコは母の腹にww

 1歳の誕生日など完全に周りが盛り上がるだけで、本人はいたって普段通り。来年にはもうちょっと一緒に楽しめるかな。
 
2015.02.16 Monday/08:52*mama*comments(0)trackbacks(0)*-*by mami

最近「だまされた〜!」と思ったことは何ですか?
駐車場にある自販機で売ってるジョージアのキャンペーン。
キン肉マン、しかも夢の超人タッグとくれば、買わないわけにはいかない。
でも、こういうのは買わないように心に決めたはず。ディズニーの新しいチョコエッグもなんとか我慢している。
でも、欲しい。
一日一本のご褒美カフェインを買ったらついてきちゃった、えへ(´∀`*)ってことにしとこう。

「対象商品」のシールがあったのは、飲めないブラック。うーん、写真はエメラルドマウンテンブレンドだし、ほかのでもついてくるかな。
そう思い、ブラックの隣にあった三ツ星プレッソをポチ。
・・・・!ついてなかったー!!!

最近「だまされた〜!」と思ったことは何ですか?
残念ながら、だまされてませんでした。
2本買うのも癪なので、その日はすごすごと退散。

数日後。
やっぱり見るたびに欲しくなる。
ブラックは飲まないけど、ブレンドならついてくるだろう。ポチ。
・・・・!ついてなかったー!!!
むかついたので、勢いでブラック買ってしまいました。
DSC_1384.jpg
ロビン様とウォーズマンの超人師弟コンビだ。うむ。許す。
あした牛乳混ぜて飲もう。
が、握力がスズメの涙ほどなうえにつるんつるん滑って開けられない。

アシュラマンとペンタゴンも・・・やめとこ。
2015.02.03 Tuesday/15:39*diary2015*comments(0)trackbacks(0)*-*by mami

身につまされる・・・
 昨日の「残念な夫。」をみた。
 うはwwリアルwww
 後ろにうっすら流れているユニコーンの曲も残念感を増長している。
 隣に当の夫がいたので、反応薄めにしてたけど、「あるある〜」とか心の中で叫びながら見てた。
 特に、結婚記念日に遅れて帰ってきたところ。遅れるのは仕方がないんだ。ウチだって、予定入ってんのに時間通りにならないことが多い。その後の態度ったら。
 手伝おうか?とは、家事は私がやる前提ですかと。*やることは決まってるんだから、いちいち聞かないでやれ、とか思う。そしてあの模型。あの状況で出したガッツに拍手。早く帰って来てって話をしているのに、あんなもの出されても切れるしかないわー。挙句、家を飛び出してサウナに行くし。
 ウチの夫さんは、子どもの世話はよくやっている(うん○も替える)し、会いたいがために早く帰ってくるようにはなったが、2人で過ごすのは恐怖らしい。
 友達の結婚式で半日開けたとき。日曜日で旦那両親も遊びに来ていた。私が帰ってきて一言。「2人っきりで半日は無理だな」
 はあぁぁぁ〜〜〜〜!!!? やってもないのに何を言うか。自分の生徒がやりもしないのに「無理」って言ったら、あんたはなんて言うんだ!
 ・・・と心の中では思ったが、「まあ、やってみたらいいんじゃん?」とやんわり言ってみた。そしたら、「3人でも大変なんだから、1人で見るのはもっと大変だよ。だから無理」とか。(^ω^#)
 1日に大半1人で見ている私はなんなんだ。何事も経験だからやってみたらいいんじゃん(にっこり)・・・ともいえない。
 乳腺炎にかかった後の話も、その通りだなって思った。「育児は楽しい。辛くはない」っていうのは本当。だけど、助けてほしいときだってある。でも言えないのは、「子どもに申し訳ない」からか、性格なのか。
 外の仕事が終わって疲れているだろうに、頼むのは気が引ける。言ってよ、と言われるけど。そして↑*に戻る。
 きっとこんな思いを抱えている人って多いんだろうなー。リアルすぎるわ。と、ドラマのサイトを見たら、脚本は「私が恋愛できない理由」や「結婚しない」を書いた人だった。これね、2つとも当時「なにこれ私ww」とか思って観てたドラマ。

 最近はまった漫画。種村有菜の「31アイドリーム」。
 よくやった、有菜っち。確か私と同い年(あえて何歳とは言わない)。
 アイドルになりたかった、いや、今でもなりたいんだよ。でも、もう15年も20年も遅いんだよ。
 千影は15歳当時かわいかったから若返りでアイドルになれたが、私…最強デブだったから無ー理ー。あ、でも、ぽっちゃりアイドルがデビューするみたいだから、そこには入れるかも。
2015.01.15 Thursday/14:39*diary2015*comments(0)trackbacks(0)*-*by mami

抱負★2015
 ここでブログを書き始めて、間もなく10年です。そりゃ年もとるわけだ。
 最初のころは、伝えたいことを伝える相手がいないから、書くことで伝えていた(つもりの)部分が多かった。だから、続けるこつは、ともだちがいないこと。常に話ができる人がいれば更新頻度は減るのかな。
 あとは、一人の時間があること。今は暇があれば子どもの世話をするか寝るか家事するかだから、携帯やパソコンを触る時間がぐっと減った。書きたいことがあっても、1回の昼寝では書ききれず、一つの記事に何日かけてるんだ。夜だって、キーボード叩いてると「何やってるの?」て旦那がのぞきに来るから、書けるわけがないww
 そして、前も書いたけど惰性。毎年どうしようか迷ってしまうけど、すっぱりやめる勇気もなく、更新も面倒で2年契約にしてしまった。
ブログを続けるコツは?

 本題。
 去年の反省から。
健康
 一昨年いろいろ大変な思いをしたので。
 前半は血圧のこともあり、減塩、安静を心がけ、ちょっと早目ではあったけれど無事出産。
 その後は、腰痛、腱鞘炎に悩まされるも、体調を崩すこともなく。何をどうしたわけじゃないけど、おかげさまで元気に過ごすことができました。

 今年の目標。
-5歳母ちゃん
 いろいろあるけど、まずは肉体的に。去年、病気はしなかったけど、無理するとあちこち痛くなるから。ピーが歩けるようになったら一緒に体力づくりだな。
2015.01.08 Thursday/11:13*diary2015*comments(0)trackbacks(0)*-*by mami

行ってみてよかったライブおしえて!
 HEY×3の特番見ているが、視聴率とってた時代が時代なだけに、30代がウハウハしそうなラインナップだった。
 元○○な人々が一つのステージで共演しているのが見ているほうはざわざわするけど、10年20年も経てば当人たちはきっと吹っ切れてるんだろうな。…って、壮絶な恋愛も離婚も経験していないから言えるんだろうか。
 こないだクリスマスに離乳食でチキンライスを作っていたら、旦那が「チキンライス」を歌いながら帰ってきた。ものすごいシンクロ率。今日はもやし買ってきてもらおうと電話しようとしたら電話が鳴って、「もやし買ってったほういいよね?」って逆に言われた。←どうでもいいですよ。

行ってみてよかったライブおしえて!
 好きなアーティストとか、よく行っているのはバイアスがかかって、常にいいと思ってしまうのだけどw
 行きたい!と思って行ったものは、だいたいよかったのだが、突出してよかったのはGLAYですよね。自分でもよく15年以上続けて行けてるなーと思う。
 来年の東京ドーム、先行の案内が来てから旦那には打診しようと思っていたけど、知り合いの方がGLAYファンで、ドームの話を熱く語っていたらしい。その方のおかげ(?)ですんなり許可が下りました。あとはチケット〜(´・ω・`)
2014.12.29 Monday/23:12*diary2014*comments(0)trackbacks(0)*-*by mami

10か月
 ピーは13日で10か月になりました。10か月なんてどんだけ先か、って考えてたけど、振り返るとあっという間ですな。

 そして、去年の12月14日は妊娠高血圧症で緊急入院した日でした。
 前日、びっくりドンキーで夕食を食べた。すでに血圧高めだったので、塩分量の少ないメニューを選び、13日の金曜日なだけに「最後の晩餐ww」とか言って食べていた。それが現実になるとは。

 どこかで判断を誤っていたり、調子が悪いのをごまかしたりしていたら、ピーはここにいなかったかもしれない。そう考えると、(もしかしたらそこまで危機的状況じゃなかったかもしれないけど)救急車を呼んでまで入院させた産院の先生と、2月に「明日産んじゃおう」と言った産科の先生には感謝してもし足りない。もちろん、ほかの関わってきた人すべてにも。
 入院から出産後しばらくは何度か死を覚悟をしたし、生まれてこないことも考えた。今でも寝ているときに息があるか必ず確認してしまう。生きているのがどんなにありがたいことか。
 ミキハウスからもらったノートに育児記録をつけているのだけど、1か月先の日付を書くのも怖くて、ちょびちょびしか書けなかった。最近ようやく1歳までの日付を書く気になった。あと2か月なんだなー。

 生まれたときこそ低体重で小さかったピーも、今では成長曲線の真ん中に近くなってきました。普通の子に追いつくには2〜3年かかると言われたけど、完全に普通の子です。つか、動きが激しすぎて、命の危機があったとは恥ずかしくて言えません。
2014.12.15 Monday/15:48*mama*comments(0)trackbacks(0)*-*by mami

MIRACLE ※ほっとママ感想多め
 中村航の作品タイトルをなぜか読み間違えることが多い。「100回泣くこと」は「100万回泣くこと」だと思ってたし、「絶対、最強の恋のうた」は「絶対、最強恋のうた」だと思ってたし、「あのとき始まったことのすべて」は「あのとき始まったすべて」だと思ってたし、「デビクロくんの恋と魔法」は「デビクロくんと恋の魔法」だと思っていた。だからなんだってことはないですけどね、ほかはそんなにないのに、多すぎだわ。

 今回は、「ほっとママシネマ」という、子連れで鑑賞できる企画で見てきた。会場内に子どもが遊べるスペースはもちろん、授乳スペース、おむつ替えスペースもある。調乳用のお湯もあるらしい。
 前日に「チケット売り場の混雑が予想されますので、早めの入場を」というメールが来ていたので、20分前くらいに映画館へ。数人いたけれど、売り場は1か所じゃないので、すぐに買うことができた。子ども一人とセットで1200円。ららぽーとカードを持っていたから200円引きの1000円。これで見られるのはありがたい。
 パンとカフェラテを買って、中へ入る。まだ時間があるし、人もそんなに入っていなかったから、前方のおもちゃスペースでピーを開放。が、おもちゃには目もくれず、階段のほうに向かっていく。そこ、通路なんですけど。暗くないとはいえ、ほかの人も子連れで高速バタフライ&ハイハイは迷惑になってしまうので遊ばせるのはあきらめ、自席付近で遊ばせる。
 その時に役立ったのが、備えつけの子ども用クッション。前の席との間に置いておけば、隙間に落ちることもないし、そこにつかまって立つこともできる。つかまり立ちしたいお年ごろなので。
 前日のメールでは満席となっていたけど、入ってたのは50組いるかいないか。多くの席が空いていた。子どもも動き回るから、これくらいしか入れないのかな。

 内容は、(いい意味で)予定調和というか、こうなっちゃうんだろうなというストーリーなので、子どもの相手をしながらでも安心して見られます。
 相葉ちゃんはいい人かつ不器用さんが似合うね。あ、これもいい意味で。
 見どころは、小市慢太郎さん演じる書店員さんのコスプレ姿wwコスプレするとなんか違うって思う人が多いけど、なんでだろう、違和感がない。
 クリスマスイルミネーションが要所要所で出てきて、見ててワクワクした。クリスマスにいろんな意味でドキドキすることなんてもうないのかもしれないけど、イルミ見ると心は躍るよね。

 始まってしばらくは落ち着かなかったピーですが、おせんべいを食べたりお茶を飲んだり、会場が暖かい(いや、暑い)のも手伝っておねむモード。ちょっとゆらゆらしたらすぐに寝てしまい、半分くらいは寝てたかな。常にだっこできる状態だからか、おりこうさんに過ごすことができました。
 子どもがちょろちょろしたり大声出したりってのはあることだろうと思っていたから気にならなかったけど、おとなしくさせるため上映中にスマホ持たせるのはどうかと思う。明るいからスマホの光は気にならないんだけど、なんだかなー。
 テーマソングは、山下達郎の「クリスマス・イブ」。安定のクリスマスソング。そして、竹内まりやの歌う「THE CHRISTMAS SONG」は心にスッと入ってくる。エンディング、曲に合わせてゆらゆらだっこのお母さんが10組くらいいて(そのなかの一人)なんか面白かった。

 終了後、アンケートに答えると、ポップコーンがもらえます。始まる前に欲しいね。お昼寝のピーの横でつまみながらこれを書いてますよ。
2014.12.09 Tuesday/15:21*diary2014*comments(0)trackbacks(0)*-*by mami

| 1/121PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
<< February 2015 >>
SPONSORED LINKS

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.


sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM